Cleaveware Recruitment

Voice-4

偶然の出会いも、先輩たちとの出会いで
一緒に働くことを決心。

新卒入社

2017年入社

就職活動当時は、玩具を通して人々の生活を豊かにしたいと考え、就職先を探していました。その中で偶然出会った弊社は、ビジョンとして「情報技術で人・モノをつなぎ、人々が暮らし易くより豊かな世界を創り出す」を掲げていました。ITと玩具とプロセスは異なっていはいますが、目指すところが似ていると興味を持ったのが最初のきっかけです。
最後の決め手となったのは、座談会や面接でお会いした先輩社員たちの印象がとてもよく、一緒に働きたいと思ったからでした。

文系出身でもしっかりとした研修制度で、
プロフェッショナルに。

大学は文系のため、入社前はIT関連のスキルや知識は昔の趣味であった自作パソコン程度の知識しかありませんでした。
入社後は、研修でC言語やJava、データベースなどを学ばさせてもらい、プログラミングのイロハを習得しました。
C言語の研修は社長直々に教えていただき、実際に見積もり書作成ソフトを開発しました。
また、入社から1年間は先輩社員から業務の仕方から飲み会での立ち振る舞いまで、ビジネスマンとして必要になるスキルやマナーを幅広く指導していただきました。
その後も年に1度は年次ごとの必須研修を受けています。
また、自分のペースに合わせて研修やイーラーニングを受けることができます。

【写真】男性エンジニア(仕事風景)【写真】男性エンジニア(仕事風景)

世の中が求めるものを完成する土壌で、
「やってよかった!」と喜び合える仲間がいます。

あなたにとってクリーブウェアとは

人生と社会という大海原を、仲間と一緒に切り拓き進んでいく「方舟」です。
未来は洋々と広がっていて、この方舟のクルーの一員になれて、本当に良かったと実感しています。
先輩、同期の仲間、後輩、お客さん、ともに仕事をする全ての人と一緒に人生も社会も変えていくことができたらと思っています。

仕事のやりがい

クリーブウェアの仕事は、その成果が目に見えることが多いので、とても励みになります。
自分たちで開発したシステムをエンドユーザーが実際に使っているシーンに接すると「頑張ってやってよかった!」と感じます。
やはり人の役立っていることが実感できた時に仕事のやりがいを一番感じますね。

【写真】男性エンジニア(笑顔) 【写真】男性エンジニア(笑顔)

今後の目標

人間性を磨き、第一線で活躍し続けていくことが目標です。
社長を始め、多くの先輩社員のようにスキルも人格も立派な大人として、自分で自分に誇りを持ち続けられる人間になりたいです。
その結果として、全ての人々の暮らしを豊かにする一助となれれば最高です。

就活者の方へのメッセージ

仕事をしている時間、会社で過ごす時間というのは、やはり人生の大きな部分を占めます。
自分がやりたいこと、できることをベースに業界や職種を絞り、次に自分が働くイメージが持てる会社かどうか、一緒に働く人たちと気が合いそうかを基準に就職先を選ぶことをお勧めします。

私の1 日 - Schedule

9:00
出社
9:30
チーム内ミーティング
10:00
課題調査
12:00
昼休み
13:00
課題対応
14:00
定例ミーティング
15:00
レビュー実施
16:00
資料作成
18:30
翌日の段取り決め
19:00
退社

Join Us!